【ゴルフ 飛距離UP】下半身リードのスイングを身につける練習方法

ある程度ゴルフをやっている人であればゴルフスイングは下半身のリードでスイングするのは知っていると思います。

下半身リードでスイングすることでより体重ののったスイングができて飛距離アップにも繋がります。

しかしこの体重移動・・・わかっていてもどうしても手打ちになってしまうプレイヤーも多いと思います。
プロのスイングを見てみるとわかるのですが、プロはバックスイングが終わる前に下半身の重心移動を初めています。

体の動きとしてはバックスイングをしている途中で下半身を先に動かして後からスイングがついてくるイメージです。

この動きはなかなか習得するのが難しいと言われています。

しかしこの動きを習得することが飛距離UPへの道でもありますのでしっかり覚えていきましょう。
今回はこの下半身リードの動きを習得できるレッスン動画を紹介します。

この動画動きとしてかなりわかりやすいです。
手を広げて上半身を動かすことで、下半身リードの動きがしやすくなっていますね!

毎日鏡の前でチェックしながらこの動きを習得していきましょう!
自分もやっていますがかなり下半身リードの動きがしやすくなっています。

LINEで送る



▼スコアが劇的に変化した人たちが実践していたゴルフ理論とは
↑私ビーバー小西も実践中して成果を出したプログラムです

コメントを残す