【ゴルフ 100切り無料レッスン】スライスの原因と直し方 スライス克服編

ゴルフをやっていると誰もがぶつかる壁・・・それがスライスです。
スライスというのはボールに横回転がかかり右へ曲がってしまう球のことを言います。

大きく曲がる球筋をスライス。
軽く右に曲がる球筋をフェードボールと言います。

スライスは一度癖がつくとなかなか治すのが難しかったりします。
特にスライスの原因が分からなければ直すのは運任せになってしまいますね。

そこで今回はスライスの原因と直し方についてのレッスン動画をまとめました。
スライスの原因といっても様々なものがあるのでいくつか原因と直し方を見ていきましょう。

【右手を使いすぎることでスライスになる 正しい左手の動き】

右手を使いすぎることでのスライスは自分も経験があるのでわかります。
左手の正しい動きを覚えるのはとても大事ですね。

【スライスの原因は下半身 正しい重心移動を覚えるドリル】

この動画では下半身の使い方を間違えることでスライスの原因になると解説しています。
正しい下半身の重心移動をできるようなドリルもあり、これはとてもいいドリルだと思いました。

【スライスで悩む人必見!ドローボール講座】

スライスボールが出やすい人がドローボールを打てるようになるドリルの紹介です。
スタンスを変えてよりインサイドからクラブをスイングすることで確かにドローボールが出やすくなりそうです。

【右肩をつっこみすぎることでスライスの原因に。修正ドリル】

スイングのときに右の方をつっこむとアウトサイドインの軌道になりスライスの原因に。
この場合は右肩を使わない意識を持つことでスライスを克服。

【ゴルフ 初心者向けレッスン動画】小さなスイングから大きなスイングへ

ゴルフを始めたばかりの時ってどうやってスイングしていいかわからないですよね。
自分も初めてゴルフをやったときは何をどうしていいかわかりませんでした。

ただ自分の場合は初めてのゴルフが体験レッスンだったのでグリップや構えなどは教えてもらえたのでまだよかったのかな。

もしあなたがゴルフを始めたばかりなのであれば下記のページにグリップやアドレス(構え)などの基本をまとめているので参考にしてください。

ゴルフレッスン動画まとめページ

体験レッスンでも言われたのですがゴルフを始めたばかりの時は小さなスイングから練習します。
小さなスイングでちゃんとボールが打てるようになってからスイングをどんどん大きくしていく。

今回はゴルフを始めたばかりの方の練習方法を紹介します。

当たり前だけどなかなかこの練習は地味なのでとばしてフルスイングしようとする人が多いと思います。

フルスイングをしてはいけないわけではないのですが、このように少しずつレベルを上げて練習することで確実に上達できます。

逆にいきなりフルスイングで練習をしても悪い癖がついてしまったりしてなかなか上達できません。

小さなスイングでちゃんとボールを打てなければ大きなスイングで安定したショットは打てません。
初心者が早くゴルフを上達する鍵は自分のレベルに合った練習をしっかりやることだと思います。

【ゴルフ 飛距離アップ】科学の力でスイングを分析してスライスを修正して飛距離アップ。

今回はスイング分析に基づいてスイングをどのように改造して飛距離を伸ばしていくかをみていきましょう。
飛距離アップにチャレンジする方はドライバーでスライスで高い球が出てしまう癖があるようです。

その癖を機械などで分析をして修正ポイントを見つけてスイングを修正していきます。
自分たちの場合はこのような機械がありませんが、スライスの原因やそれに対しての対処方などを理解することで自分のスイングにも役に立つと思います。

この生徒さんもいくつかの修正ポイントを治すことで短時間で飛距離アップに成功しています。
ではレッスン動画を見ていきましょう。

【スライスの原因を分析する】

スライスの原因はアウトサイドからのスイングになっているからでした。
もっと大きな原因がグリップによるフェイスの向きでした。

【グリップを修正してボールを捕まりやすくする!】

グリップをストロンググリップにしただけで球がつかまり軽く振っただけでフルスイングと同じ距離が出たようです。

【スイング軌道をインサイドインに修正】

正しいボディターンをすることで正しいスイング軌道が生まれます。
右ひざの曲げをキープしながらバックスイングをすることでスエーが減って正しいボディーターンができてスイング軌道が変わってきます。

【長いクラブを使って飛距離を伸ばす】

45インチから47インチにしただけでヘッドスピードが38から40.5に変化。
その後はより効率よく体を使ってスイングできるようにボディーターンをレッスン。
その後自己最高飛距離を達成!

【長尺ドライバーをうまくスイングできるようにするドリル】

脇に薄いものを挟んでハーフスイングをする。脇をしめてスイングすることで体と同調したスイングをすることが体感できる。
もう一つはボールを腕に挟んで落とさないようにスイングするドリル。

きっとスライスで悩んでいる人は多いと思いますので、このレッスン動画は非常に参考になると思います。
実際私も参考になりました。

【ゴルフ 飛距離アップレッスン動画】ヘッドスピードアップ練習法!クラブを逆さに持ってスイング。

ゴルフの飛距離をアップさせるには当たり前ですがヘッドスピードを上げる必要があります。
ヘッドスピードとはスイングした時のクラブのヘッドのスピードです。

普段なんとなく練習場やゴルフ場でゴルフをしていても自分のヘッドスピードを意識することって少ないと思います。
なんとなくやってて自分のヘッドスピードが上がっても気づくこともないでしょう。

しかしヘッドスピードを体感する方法があります。
それはクラブを逆さに持ってクラブを振る方法です。

この方法でクラブをスイングすると「ビュンッ」とものすごい音がなります。
そしてヘッドスピードの速さによって音も変わってきます。

下記のレッスン動画を見てもらうとわかりやすいと思うので見てください。

体を使ってスイングした時の音がすごいですね!
手だけで振ってもヘッドスピードに限界があるのもわかります。

自分のスイングは果たしてどうか?
ぜひ一度試して見てください。

そしてなるべく高い音がなるように体を使ったスイングを身につけましょう。

【ゴルフ 飛距離UPレッスン動画】体が早く動く秘訣!下半身の力でクラブをスイング

飛距離を伸ばすには動きを早くする必要がありますね。
当たり前ですが体の動きが早くなればスイングスピードが早くなり飛距離が出るようになります。

では早く体を動かす為には?
まず手を体に近づけて回転することで回転を早くすることができます。
これはフィギアの選手がスピンの時に手を体にくっつけているのと同じ原理です。

手が広がれば広がるだけ体は早く回転しずらくなります。
試しに手を広げた状態と閉じた状態で体を回してみてください。

明らかに閉じている方が早く回転できますね。
スイングも同じでなるべく手が体の近くにあることで早い回転を生み出しやすくなります。

そして肝心なのはこの動きを手の力ではなく下半身の動きでやることです。

この動画の最後の方にパワーを生み出す為の体の原理の説明があります。
飛距離をUPする上で非常日わかりやすい解説になっているのでぜひ見てください。

ジャンプもゴルフスイングやはりいかに体のバネを使えるかですね。
このレッスンは飛距離アップの大きなヒントになると思います。

バネを使う為にはバックスイングが終わる前に下半身の動きを初めることです。
バックスイングが終わってから下半身を動かしてもバネを使えてないってことです。

下半身リードの動きが飛距離アップの大きな鍵ですので頑張って習得しましょう!