プロゴルファーのドライバー飛距離一覧(男子)

今回はプロのゴルフ選手のドライバーの飛距離をまとめてみました。 これから飛距離アップを目指す人は下記の表が一つの参考になるでしょう。

ただこの飛距離はドライバー飛距離の上位クラスの人の数値になります。
ちなみに男子プロのドライバー飛距離上位50位の平均は280くらいだそうです。

ドライバー飛距離 男子プロ

額賀辰徳 304
石川遼 297
小田孔明 294
B.ジョーンズ 294
宮里優作 293
谷口拓也 292
立山光広 291
宮本勝昌 290
増田伸洋 290
池田勇太 288
片山晋呉 294
松山英樹 300

上記の数字は各選手の平均飛距離になると思います。
石川遼選手は以前318ヤードをドライバーでベタピンしていた動画をみたことがあるので、最高飛距離はもっと高いでしょう。

ドライバーの飛距離についてはボールやクラブの性能によって年々向上しているようです。
また片山晋呉選手のように長さのあるドライバーに変えることで、飛距離を大幅に伸ばす選手もいるようです。

ただ長さを長くすると飛距離は伸びるかもしれませんが、正確性が弱くなる可能性があるので
みんながみんな飛距離優先で長さを長くするのがいいわけではありませんね。

アマチュアの方はまずが飛距離よりも正確性が大事です。
この飛距離は一つの目安にして、最初は飛距離よりも正確性のあるショットを打てるように練習しましょう!

クラブ別平均飛距離一覧はこちら

LINEで送る



▼スコアが劇的に変化した人たちが実践していたゴルフ理論とは
↑私ビーバー小西も実践中して成果を出したプログラムです

コメントを残す