ゴルフ100切りレッスン「ダウンスイングでタメ(レートヒット)を作る方法」

ゴルフスイングではタメを作ることが大事だと言われています。
タメを作ることで、タメた力が一気に解放されヘッドスピードが上がり飛距離が伸びます!

ある程度ゴルフをやっている人なら聞いたことある話だと思いますが
このタメを作るというのが簡単ではありません。

タメとは簡単に言うと、トップで作ったコックの形をダウンスイング時に
腰くらいまでキープして体の回転とともにクラブを一気にリリースする動作です。

それをすることによってヘッドが手の動作より遅れてスピードを上げてインパクトを迎えます。
遅れてヒットすることからレートヒットとも呼ばれています。

このタメが出来ていない人は、すぐにコックををほどいてしまいます。
そうするとヘッドが遠回りしたスイングになります。

文章で説明が難しいのでいくつかのレッスン動画を見てみましょう。

ゴルフスイングでタメを作る方法


これ誰が作ったかわかりませんが非常にわかりやすくタメの動作を解説しています。
ここで正しいタメの動作のチェックポイントを確認してスイングの練習をしてみましょう。


タメるとはどういうことなのか?
どのようにタメるのかがわかるレッスンになっています。


ダウンスイングの時にタメを作るために右脇をしめると聞きますが・・・
右脇をしめるのではなく、左肩を意識することで右脇が締まるが正しいスイングになります。

ゴルフスイングでタメを作るドリル


自宅でもできるタメを意識したスイングのドリルです。
このドリルをやるとなんとなくタメのイメージがしやすくなります。


タメを意識した練習方法です。
練習場でぜひやってみてください。

LINEで送る



▼スコアが劇的に変化した人たちが実践していたゴルフ理論とは
↑私ビーバー小西も実践中して成果を出したプログラムです

コメントを残す