ゴルフスイングの基本「正しいアドレス(スクエアの構え方)」

アドレス1

グリップを覚えたら次に大事なのはアドレス(構え方)です。
この構え方も正しい方法を覚えないで自己流で覚えてしまうと
変な癖がついてしまうので注意が必要です。

打ちっぱなしなどにいくと私でもわかる違和感のあるアドレスとスイングをしている人を見かけます。
きっとその人はレッスンなどを受けずに、雑誌やDVDで勉強することもなくやってしまっているのだと思います。

正直個性的なスイングって見ててちょっとカッコ悪いです(^_^;)
いくら球が真っ直ぐ飛んでもスイングが個性的すぎるとカッコつかないと思います。

ビーバー小西の夢は打ちっぱなしの練習場で周りの人から「すげー」って目で
見られることですからフォームはカッコよくなければいけません。

ということでアドレスについてもわかりやすい動画を探してきました!


色々見ましたがこの動画の解説が全体的なイメージがわかりやすいと思います。

アドレスでの腕の向きの解説動画もあったのでこちらも紹介します。
腕の肘の向きがスイングにどのように影響を与えているのかがわかります。

アドレスや構えなどについては初心者の私が説明するより、上記のプロの動画解説を
見てもらったほうがためになると思いますのでこちらを見てくださいね。

アドレスについてもプロによってもレッスン内容が変わってきたりします。
なのでできれば沢山のプロの動画を見るよりもできれば一人のプロから
すべての動作を教わるのが基本を覚えるのは一番成長が早いと思います。

いろんな意見をきたりあっちいったりこっちいったりしてしまったり
アドレスは○○プロの方法でスイングは○○プロの方法でとやっていると
場合によっては二つの動作が交わらない可能性もありますね・・・

そういった意味ではビーバー小西が学んでいるゴルフレッスンDVDの
価値は大きいのかもしれません。

もしゴルフのアドレスやスイング、練習法など一連の流れを
実績のあるコーチに教えてもらいたいのであれば私が参考にしている
小原大二郎プロの7日間シングルプログラムというDVDがお勧めです。

私みたいにレッスンに通うお金と時間が難しい方には心強い味方に
なってくれると思います。
ビーバー小西もこのDVDのおかげでかなり上達しましたからね♪

早くスコア100を切りたいものです。



▼スコアが劇的に変化した人たちが実践していたゴルフ理論とは
↑私ビーバー小西も実践中して成果を出したプログラムです

コメントを残す