ゴルフスイングの基本「スムーズなテイクバックとバックスイングを覚えよう」

テイクバック1

グリップやアドレスなどを覚えたらいよいよスイングです。
スイングの動作には大きく分けて七つの動作があります。

1、アドレス
2、テイクバック
3、バックスイング
4、トップスイング
5、ダウンスイング
6、インパクト
7、フィニッシュ

ちょうど下のスイングの連続写真がわかりやすいです。

テイクバック2

これは石川遼選手の全盛期時代のスイングの写真です。

上の番号の順番に写真が並んでいます。

今回はゴルフスイングの中でもはじめの動作になるテイクバックとバックスイングを勉強しましょう。
といっても私もまだまだ教えられるほど上手くはないので、またいつものようにわかりやすい解説動画を
準備しましたのでそちらを見てください。

このテイクバックとバックスイングの動作がよくないと全ての動作がダメになると言われています。
というのは人が意識してコントロールでしやすい動作がこの動作だからです。

トップスイングからダウンスイングの動作では動きが早すぎてコントロールはできません。
だからこのバックスイングで正しい動作をして正しいトップのポジションを作って
スイングすることが必要になるんですね。

私も経験上打ちっぱなしの練習場で何回打っても真っ直ぐ飛ばないし飛んでも飛距離が出ないってときがありました。

その時に意識してバックスイングを変えただけで、問題が解決した経験があります。

バックスイングはかなり重要なポイントになりますので、ゴルフ初心者の方は基本的な動きを覚えて
練習することをお勧めします。

何度も言っていますが悪い癖がついてしまうと修正が難しく、上達に時間がかかると言われているのがゴルフです。
一番いいのはレッスンプロに直接教えてもらうことです。

それが難しい場合はyoutubeなどでレッスン動画を見て勉強するのもいいですが
youtubeだとどうしても細切れ的な情報になってしまうので、肝心な情報が抜けてしまったりと
ちょっと不便な部分もありますね・・・

少しお金をかけても早くゴルフを上達したいという人には私が今やっている

7日間シングルプログラムをお勧めします。

これを見はじめてから迷いなく練習ができるようになりました!
今までは何が正しいかわからない状態でやってましたからね・・・
私の場合は結局雑誌や動画を見ても、色んな意見がありすぎて逆に頭が混乱しちゃいましたから(^_^;)

もう一つの方法で継続して上達したいって人にはゴルフレッスンのDVDお勧めですね。
特に初心者の時は迷いなく練習できるのは非常に大事だと思います。



▼スコアが劇的に変化した人たちが実践していたゴルフ理論とは
↑私ビーバー小西も実践中して成果を出したプログラムです

コメントを残す