ゴルフスイングの基本「クラブによっていボールの位置(ポジション)は変える」

ボール位置1

グリップとアドレスを覚えたら次はボールの置く位置について
正しい知識をつけましょう。

ボールを置くポジションについては大きく分けると二つの考え方があるようです。

一つ目はどのクラブを打つときでもボールの位置を変えない
二つ目はクラブによってボールの位置を変える。

初心者はどちらがいいのかというと、一見難しそうに感じる
クラブによってボールのポジションを変えるやり方です。

ボールの位置を変えないやり方というのは高い技術が必要みたいなので
ゴルフ初心者の方はボールの位置を変えるやり方で覚えていきましょう。

では下の画像を見てください。

ボール位置1

この画像を見るとクラブごとのスタンスの幅とボールの位置がわかりやすいです。
違う考えもあるようですが、これが一般的な考え方みたいです。

要はクラブのシャフトの棒が長くなればなるだけ足のスタンスが広くなり
ボールの位置も体から遠く、少しづつ左にずらしていく感じですね。

ボールの位置についてもわかりやすい解説動画があったのでそちらを紹介しますね。


ちょと画質が荒いですがすいません。

この考え方もこうやってDVDやレッスンや雑誌を見なければ知ることができません・・・
知らないで毎回ボールの位置を変えずに打っていてもやはり難しいですよね。

スポーツなので知識がすべてではありませんが、やはり基本的な知識をなくやってしまうと
ゴルフは変な癖がついて苦しくなるスポーツだと言われてますので、ゴルフDVDやこのサイトでも
構いませんので、ある程度知識をつけて練習すると効果的だと思います。

レッスンには通えないけど、なんかお勧めの練習方法や動画でレッスンを見て
勉強したいという人は私ビーバー小西がやっている小西大二郎プロ

7日間シングルプログラムがお勧めです♪

LINEで送る



▼スコアが劇的に変化した人たちが実践していたゴルフ理論とは
↑私ビーバー小西も実践中して成果を出したプログラムです

コメントを残す