【ゴルフ 100切り無料レッスン】スライスの原因と直し方 スライス克服編

ゴルフをやっていると誰もがぶつかる壁・・・それがスライスです。
スライスというのはボールに横回転がかかり右へ曲がってしまう球のことを言います。

大きく曲がる球筋をスライス。
軽く右に曲がる球筋をフェードボールと言います。

スライスは一度癖がつくとなかなか治すのが難しかったりします。
特にスライスの原因が分からなければ直すのは運任せになってしまいますね。

そこで今回はスライスの原因と直し方についてのレッスン動画をまとめました。
スライスの原因といっても様々なものがあるのでいくつか原因と直し方を見ていきましょう。

【右手を使いすぎることでスライスになる 正しい左手の動き】

右手を使いすぎることでのスライスは自分も経験があるのでわかります。
左手の正しい動きを覚えるのはとても大事ですね。

【スライスの原因は下半身 正しい重心移動を覚えるドリル】

この動画では下半身の使い方を間違えることでスライスの原因になると解説しています。
正しい下半身の重心移動をできるようなドリルもあり、これはとてもいいドリルだと思いました。

【スライスで悩む人必見!ドローボール講座】

スライスボールが出やすい人がドローボールを打てるようになるドリルの紹介です。
スタンスを変えてよりインサイドからクラブをスイングすることで確かにドローボールが出やすくなりそうです。

【右肩をつっこみすぎることでスライスの原因に。修正ドリル】

スイングのときに右の方をつっこむとアウトサイドインの軌道になりスライスの原因に。
この場合は右肩を使わない意識を持つことでスライスを克服。

LINEで送る



▼スコアが劇的に変化した人たちが実践していたゴルフ理論とは
↑私ビーバー小西も実践中して成果を出したプログラムです

コメントを残す